べんちゃんのトレッキング紀行!

「山」「谷」「沢」「道」「寺」などを健康的に歩いて、地域の良さを紹介するお気楽度100%の徒然ブログ!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 稲荷山登頂! | main | ポンポン山登頂! >>

松ヶ崎東山登頂!

16日は京都の夏の風物詩「五山送り火」です。「五山」といっても厳密には6つの山のことを指します。「左大文字」・「妙」・「法」・「舟形」・「右大文字」「鳥居形」です。
これらのうち、右大文字は先日既に登っていますので、本日は「妙法」の「法」(松ヶ崎東山)の火床のところまで登ってきました。

ご存知の方もいらっしゃるとは思いますが、以前はすべての山が自由に入山出来ましたが、現在ではそれぞれの山といいますか火床は地元保存会の方が管理されており、登山口の門は通常施錠されています。関係者以外は特別の許可がないと入山出来ず、一般人は入れないようになりました。
よって右大文字と松ヶ崎東山だけが登れるのではないかと思います。

地下鉄松ヶ崎駅から500mほど歩くと松ヶ崎大黒天があります。実はここの境内の中から登ります。
松ヶ崎大黒天は都七福神参りの1つで、正式には妙円寺が正式な寺名です。1616年(元和二年)に建立された歴史ある寺であり、本尊の大黒天像は伝教大師の作で開運招福の福神として広く信仰を集めています。

松ヶ崎1

ここをまっすぐ奥まで進み、ちょっと上の方にあがります。 松ヶ崎2 山門到着。 松ヶ崎3 大黒さんです。 松ヶ崎4 立て看板。 松ヶ崎5 宗祖大聖人の銅像です。 松ヶ崎6 右手の方から上がっていきます。 松ヶ崎7 ちょっとだけ険しくなってきました。 松ヶ崎8 京都・文化の森の説明。 松ヶ崎9 結構上りました。 松ヶ崎10 すると、火床が見えてきました。 松ヶ崎11 こんなところにも。 松ヶ崎12 そしてここにも。 松ヶ崎13 参考までに「妙法」の「妙」(松ヶ崎西山こと万灯籠山)の火床の数は103、「法」(松ヶ崎東山こと大黒天山)の火床の数は63となっています。薪数400、松葉170束だそうです。点火時刻は午後8時10分頃です。 さらに上に行くと、左右に道が別れていました。 松ヶ崎14 写真はここまでです。ちなみに右に行きましたが、何もありませんでした。 そこで、再び今度は別れ道左を進んでいくと、山頂らしきスペースがありましたが、おそらくここが山頂なんだと思います。特に目印もなかったのは少し残念ですが。ちなみに標高ですが、西山が133m、東山が187mとなっています。 なお、 帰りはそのまま直進し、宝ヶ池の国際会館近くの公園に無事下りることが出来ました。 池でボートを漕いでいる人や付近をランニングしている人もいました。帰りは地下鉄にて帰路に着きました。 皆さんも一度大黒天を訪れてみてはいかがでしょうか?
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://benchan2009.jugem.jp/trackback/17
この記事に対するトラックバック