べんちゃんのトレッキング紀行!

「山」「谷」「沢」「道」「寺」などを健康的に歩いて、地域の良さを紹介するお気楽度100%の徒然ブログ!
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark
<< 男山登頂! | main | 吉田山登頂! >>

鞍馬山登頂!

本日は、鞍馬山を歩いてきました。鞍馬寺も同義語ですので、以下鞍馬寺と表現することにします。
まず、アクセス方法ですが、京阪電車の終点である「出町柳」駅を下車し、叡山電鉄に乗り換えます。終点の鞍馬駅までちょうど30分くらいで到着します。私が到着したのは午後2時ちょうど頃でした。改札を出ると、大きな天狗の像が出迎えてくれます。さすが、天狗伝説の残る地ですね!

鞍馬寺1 鞍馬寺2 駅から5分くらいで鞍馬寺の入り口に到着します。 鞍馬寺3 鞍馬寺は多くの伝説があり、看板も多いです。 鞍馬寺6 鞍馬寺5 ここでは狛犬ならぬ狛寅が守ってくれます。 鞍馬寺4 山門を超え中へ。入山料は200円です。 鞍馬寺7 すぐにケーブルの案内表示がありますが、若者である私は徒歩で歩くことにしました。 鞍馬寺8 歩いてすぐに由岐神社があります。 鞍馬寺9 鞍馬寺10 鞍馬寺11 義経の供養塔がありました。 鞍馬寺12 鞍馬寺13 少し歩くと案内表示があります。 鞍馬寺14 鞍馬寺は基本的にこういう階段が多く、急な階段は少ないため歩きやすいですね。 鞍馬寺15 上がったところにまたもや案内表示があります。 鞍馬寺16 ここでも左右に「狛寅」がありました。 鞍馬寺17 鞍馬寺18 なぜか、蓮の花が大きな鉢に植えられていました。 鞍馬寺19 そして奥の院参道へ。 鞍馬寺20 鞍馬寺38 頂上までまだまだみたいです。 鞍馬寺21 ここにも看板がありますが、色の変色が歴史を感じさせてくれますね。 鞍馬寺22 そしてこれが有名な「木の根道」です。 踏んではいけないようです。鞍馬寺23 鞍馬寺24  そしてついに魔王殿に到着!鞍馬寺25明らかに少し下って行ったので、山頂はどこだったのだろうかとの疑問が残ったので、近くにおられたガイドさんらしき人物に尋ねると、それは「背比石」付近だというので、今来た道を引き返しました。すると、先程見逃していた「義経堂」を発見! 鞍馬寺26 鞍馬寺28 僧正が谷不動堂を撮影。 鞍馬寺29 そそして先程スルーしてしまった「背比石」にやっと到着。鞍馬山の山頂についてはググッてみれば分かりますが、特に目印はありません。二等三角点などもありませんし、本当の山頂はGPSでしか分からないような奥の方だそうです。しかし、歩くコースでここが一番高いので、「鞍馬山山頂」と解釈していいそうです。鞍馬寺34 鞍馬寺39 なお、この付近は分かれ道になっていましたので、ちょっと見てきました。 大杉権現社があります。鞍馬寺35 鞍馬寺36 目標は達成したので、貴船側には行かずに(距離が1000m以上あるため)、再び叡山電鉄鞍馬駅に向かい下山しました。 牛若丸が喉を潤したという息次の水も途中でありました。鞍馬寺37 鞍馬山は修験道場ということもあり、神秘的な感じを彷彿とさせる山でありますし、なんといっても義経の生涯に影響を与えた場所であることから、訪問者が後を絶ちません。 皆様も鞍馬〜貴船コースをマイペースで歩いてみてはいかがでしょうか。
- | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://benchan2009.jugem.jp/trackback/9
この記事に対するトラックバック